和歌山県中途失聴・難聴者協会からのお知らせ
(  ナン チョウ )
難聴ナンチョウシャでは障害ショウガイがわかりにくく、普通フツウにしゃべることができるため
理解リカイしてもらいにくいコトがたくさんあります。
難聴者ナンチョウシャがおタガいの気持キモちをカヨわすには「文字モジ」が確実カクジツです。
レイカイなどでは要約ヨウヤク筆記ヒッキシャ筆記ヒッキしてもらえるので、
スムーズに意見イケン交換コウカン情報ジョウホウ交換コウカンができます。
    もともとケンチョウであったのに病気ビョウキ事故ジコなど人生ジンセイ途中トチュウこえに障害ショウガイがおこったヒト
    または、補聴機器を使用すれば何とか聞こえる人のことです。
    こえの程度テイドにより、さまざまですが、み、ハナすことには不自由フジユウはありません。
    出生シュッショウすぐに聴力チョウリョクいことがわかったヒトなら、幼少ヨウショウのころから手話シュワクチバナシなどを学習ガクシュウにつけて
    いますが、途中で聞こえなくなった人にとって手話を身につけるのは難しく時間もかかります。
    そのため難聴者ナンチョウシャにはタシかな情報ジョウホウ手段シュダンとして、「文字モジ」(要約ヨウヤク筆記ヒッキ)がとても重要ジュウヨウなのです。
    難聴ナンチョウシャのためにハナシ内容ナイヨウいて筆記ヒッキしてつたえてくれるヒトのことです。
    講演コウエンカイ難聴ナンチョウシャ集会シュウカイ会議カイギなどでみんながハナ内容ナイヨウカミ筆記ヒッキしたり、
    特殊な機器やパソコンを用いて文字を大型スクリーンに投影トウエイして難聴ナンチョウシャツタえてくれます。
    要約ヨウヤク筆記ヒッキ興味キョウミのあるカタなら、毎年マイトシヒラかれるケン主催シュサイ要約ヨウヤク筆記ヒッキシャ養成ヨウセイ講座コウザがあります。
    トクに、資格シカクなどなくダレでも受講ジュコウできます。
    また、難聴ナンチョウシャ障害者ショウガイシャ手帳テチョウ所持ショジしていれば、「個人コジン派遣ハケン」といって福祉課フクシカ申請シンセイ(無料)して、
    病院や学校、官庁などへの各種手続きにって、筆談ヒツダン要約ヨウヤク筆記ヒッキをしてもらうこともできます。
    毎月マイツキダイ4日曜日ニチヨウビ 午後ゴゴ1〜4 ふれアイセンターにて(和歌山市ワカヤマシヒロマチ5丁目チョウメ1-9)
illust306_thumb
         
         
         
        
    ミナミカタ    TEL/FAX 073-445-6604
    和歌山県ワカヤマケン聴覚チョウカク障害者ショウガイシャ情報ジョウホウセンター TEL:073-421-6311  FAX:073-421-6411
illust2702_thumb,illust2702_thumb


_
と き  平成27年08月11日〜平成30年08月01日
問い合せ先  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5222  FAX:073-435-5226
 メール:washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:http://www.wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2016年02月01日