有効期限:〜
生活福祉資金貸付のご案内〜平成21年10月改正〜
活動場所: 
内 容

ファイル名: j0427159.wmf
キーワード: ノートブック, ペン, 事務用品 ...
ファイル サイズ: 61 KB生活福祉資金貸付制度のご案内

 

生活福祉資金貸付制度(以下「本制度」といいます。)は、低所得世帯等へ貸付けを行い、

世帯の自立支援を図ることを目的として、昭和30年に創設され、改正が重ねられてきましたが、

このたびの厳しい雇用経済情勢に対応するため、セーフティネットの一環として、平成2110

から資金種類が統合・再編されました。

 

(新しい生活福祉資金の枠組み)

資金種類

限度額

貸付内容

総合支援資金

生活支援費

月額20万円以内

(最長1年間)

失業等により日常生活全般に困難を抱えている世帯の生活の立て直しのために必要な経費。

住宅入居費

40万円以内

一時生活再建費

60万円以内

福祉資金

福祉費

580万円以内

(資金使途による)

日常生活を送るうえで一時的に必要な経費。

(例)住宅改修費、療養費、福祉用具購入費等

緊急小口資金

10万円以内

緊急的かつ一時的に生活の維持が困難となった場合の生活費。

教育支援資金

教育支援費

高校:月額35千円以内

大学:月額65千円以内

高等学校、短期大学、高等専門学校、又は大学に就学するために必要な経費。

就学支度費

50万円以内

入学に際し必要な経費。

不動産担保型生活資金

(一般世帯向け)不動産担保型生活資金

月額30万円以内

高齢者(低所得)世帯の日常生活費。

要保護世帯向け不動産担保型生活資金

生活扶助額の1.5倍以内

高齢者(要保護)世帯の日常生活費。

 

本制度は、相談支援つきの貸付事業です。貸付後も継続的に借受世帯と関わっていくことで、その世帯の自立を

支援していきます。

貸付の詳細な内容については、お近くの市町村社会福祉協議会もしくは和歌山県社会福祉協議会までお問い合わ

せください。



生活福祉資金貸付のご案内(パンフレット)
_
問い合せ先  和歌山県社会福祉協議会 地域福祉部 協働推進班 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5223  FAX:073-435-5221
 メール:nabeta@wakayamakenshakyo.or.jp
情報提供者  和歌山県社会福祉協議会 (この団体の他の情報をみる。)
 TEL:073-435-5223  FAX:073-435-5221
 メール:washakyo@wakayamakenshakyo.or.jp
 ホームページ:http://www.wakayamakenshakyo.or.jp

このページの最終更新日: 2009年10月23日